「地球の歩き方」直営の
こだわりの旅行用品専門店
アナタだけの自転車工房
「サイクルウェブスタジオ」
国内・海外の厳選旅行20を
毎週お届け![Travelzoo]
   
表紙へ戻る

コリカンチャ 4月26日
礎は崩れず インカ帝国太陽の神殿


クスコは帝国、帝国はクスコ。
ケチュア語で「へそ」を意味し、
インカ文明の中心地であった古都クスコ。
スペインに征服され蹂躙され、
以後四百年、屈辱の被支配が続く。
太陽の神殿は破壊され、その同じ場所に、
征服者は十字架を掲げた。
されど大地震の際、
スペイン人の建てた教会は無惨に崩れ、
かつて太陽の神殿を支えていた礎石、
インカ人の築いた礎石だけが
二十一世紀の今もなお、残っている。

クスコ市街
【クスコ市街】
チチャモラーダ
【チチャモラーダ】

クスコのアルマス広場
【クスコのアルマス広場】
クスコ旧市街
【クスコ旧市街】

クスコ中央市場
ジャガイモもトウモロコシも ずらり

海抜三千メートルのクスコ盆地。
坂道多く、歩いていると息が切れる。
軽い頭痛に苛まれ、高山病の兆候だ。
雑然とした街路の先に、
銀傘で覆われた中央市場が現れる。
色鮮やかな衣裳に身を包んだオバチャンたちが、
色鮮やかな野菜や果物を売っている。
南米大陸は世界の食の原産地。
トマトも、ジャガイモも、トウモロコシも、
トウガラシも、そしてコカの葉も。
彼らの言葉や宗教は侵略されてしまったが、
彼らの食文化は逆に世界を席巻したのだ。

クスコ市街
【クスコ市街】
クスコ中央市場
【クスコ中央市場】

コリカンチャ
【コリカンチャ】
コリカンチャ
【コリカンチャ】

サクサイワマンの遺跡
クスコを見守る 要塞サクサイワマン

帝国の首都クスコの周辺には、
数多くのインカ時代の史跡が点在している。
周囲は木々が生い茂り、
緑に溢れたのどかな環境。
褐色瓦屋根の農家がちらほらと建ち、
土産物屋は色鮮やかな民芸品を並べ、
素知らぬ顔でリャマたちが草を食んでいる。
広場では少年たちがボールを蹴っていた。
スペインに制圧されたクスコ。
反旗を翻した皇帝の息子マンコインカ。
インカ帝国最後の英雄が立て籠った要塞が、
クスコの町を見下ろすサクサイワマン。

クスコ郊外
【クスコ郊外】
クスコ郊外
【クスコ郊外】



マチュピチュ行の鉄道 4月27日
古代インカ道を辿る 高原列車の旅


クスコからマチュピチュへ。
険しいアンデスを行く鉄道の旅。
天井はガラス張りの展望窓、
食事付きの豪華列車(値段も高い!)。
途中停車したいくつかの駅では、
土産の売り子が集まってくる。
驚いたのは、フィルムと一緒に
デジカメ用のメモリーカードが揃っていたこと。
朝七時にクスコを発った列車は、
十一時アグアスカリエンテス到着。
いろは坂もびっくりの急坂を登りつめ、
岩峰の上に鎮座する失われた都市へ。

クスコ市街を見下ろす
【クスコ市街を見下ろす】
マチュピチュ行の鉄道
【マチュピチュ行の鉄道】

マチュピチュ遠景
孤高の世界遺産 マチュピチュ

世界中に数ある世界遺産の中でも、
最強の呼び声高いマチュピチュ。
当時一万人が生活していたという大遺跡。
ケチュア語で「老いた峰」を意味するが、
遺跡を見下ろす位置に「若い峰」こと
ワイナピチュへの軽登山。
三千メートルを超える青い山並みと、
遥か下方を蛇行するビルバンバ川の濁流と、
なぜこんな地形に町を築いたのか、
また築くことができたのか、
感嘆の念を抱いて見つめる大展望。
いやあ、はるばる来た甲斐があった。

ワイナピチュ
【ワイナピチュ】
ワイナピチュからの景色
【ワイナピチュからの景色】

マチュピチュ水路
今も生きる 驚愕の水利技術

斜面を埋め尽くす段々畑。
庶民の居住区、技術者たちの作業場、
そして神に祈りを捧げた太陽の神殿。
路地や階段が迷路のように入り組んでいる。
歴史に思いを馳せながら歩くだけでも楽しい。
そんなマチュピチュ遺跡の街角で、
一つだけ「過去」ではないところがある。
二十一世紀の「現代」になっても、
水が流れ続けている。
段々畑に水路が引かれ、
神殿や居住区に沿って水汲み場が設けられ、
斜面に刻まれた水路を水は流れ落ち、
また下の水汲み場に、
新たな水を供給し続けている。
安定した水の供給があったからこそ、
一万の人々がこの空中都市で生きた。
インカすごいぜ。

マチュピチュ
【マチュピチュ】
マチュピチュ
【マチュピチュ】

マチュピチュ
【マチュピチュ】
アグアスカリエンテス温泉
【アグアスカリエンテス温泉】



オリャンタイタンボ 4月28日
旅籠を意味する オリャンタイタンボ


マチュピチュ観光の夜は
麓の町アグアスカリエンテスに泊まり、
ぬるめではあるが温泉につかり
旅の疲れを癒す。
翌朝はアグアスカリエンテスから
列車でオリャンタイタンボ。
地元の言葉でタンボとは旅籠の意。
実に静かで、車通り少なく、
インディヘナの人々が行き交う小さな村。
その村の背後にそびえる山の
中腹に大きな段々遺跡が築かれている。
首都クスコを追われたインカ軍が、
一度はこの場所でスペインの侵攻を
食い止めたともいわれる要害の地。
遺跡前の広場の一角に、
老婆が営むぶっかけ飯屋。
素朴でなんとも旨かった。

アグアスカリエンテスの町
【アグアスカリエンテスの町】
オリャンタイタンボ
【オリャンタイタンボ】

オリャンタイタンボ
【オリャンタイタンボ】
ピサック
【ピサック】

ウルバンバ川の渓谷
インカの聖なる谷 巡礼に往く


クスコから西の方角、
マチュピチュに至るまでの
ウルバンバ川一帯の谷は、
古くからのインカの伝統息づく
聖なる谷と呼ばれている。
果てしない青空と、
その空に向かってそびえ立つ尖峰と、
険しい斜面を切り開いて
開墾された無数の段々畑アンデネス。
白人に侵略され、支配され、
宗教も言葉も歴史も奪われた人々の、
それでもなお生き残った伝統が、
連綿と受け継がれ続ける聖なる谷。
片言のケチュア語で話しかけてみると、
通じているのか、通じていないのか、
微妙な笑みと、
スペイン語の返事が返ってきた。

ピサック
【ピサック】
ピサック
【ピサック】

ピサック
幾重にも重なる段々畑 ピサック遺跡

オリャンタイタンボからバスを乗り継ぎ、
ウルバンバ川に沿って東へ向かう。
三叉路の村ピサック。
賑やかな市場があることで知られる
村の背後にそびえる丘には
ミニマチュピチュとも称される
見事な遺跡が鎮座している。
豊かな緑と山の景色、
ここでも見受けられる水路の技術、
石造りの神殿や居住区の跡。
ピサックからクスコへは山越えの道。
点在する小遺跡を訪ねつつ帰る。

ピサックの市場
【ピサックの市場】
タンボマチャイ
【タンボマチャイ】

先頭へ戻る
 
次へ進む