★ふねしゅーの【旅】を極めるサイト★

タイトルロゴ



ベネルクス&フランス子連れ旅行/第4日 ストライキと小雨に煙るフランス到着

長男(中1)&長女(小5)&次女(小2)
ベルギー、ルクセンブルグ、フランス周遊。ストライキによるトラブル多発!?


1月2日
特急も地下鉄も、ダイヤは乱れていたけれど…


ルクセンブルクからフランスへ。
日本ではあまり報じられていないけど、フランスでは年金改革を巡って、
12月初旬からずっと公共交通のストライキが続いています。

そのあおりを受けて国際列車も減便。
乗る予定だった10時20分発のTGVはキャンセルされ、仕方なく早朝6時40分発に乗ることに。

フランスが誇る超特急TGV inOui
【フランスが誇る超特急TGV inOui】

ところが当日、ホームに停車していた列車に乗り込んでも、全く出発しそうな雰囲気無し。
結果2時間の遅延… (>_<)
初めからわかっていたら、ゆっくりホテルで朝食もとれたのに…

2等車が埋まっていたので1等車を利用。
イスもテーブルも広々と、のんびり過ごせたことだけはよかったです。

TGVの車内でトランプ
【TGVの車内でトランプ】

で、ようやくパリに到着。

まずはモンマルトルの丘を目指します。
ストライキにより昼間は地下鉄が動いていないため、徒歩で。といっても15分くらいです。

曇り空、小雨のぱらつく中、サクレクール寺院をバックに、2階建てのメリーゴーランドを発見!
としまえんよりすごい? ということで、乗りたがる子供たち。

モンマルトルの丘のメリーゴーランド
【モンマルトルの丘のメリーゴーランド】

階段を登って、サクレクール寺院へ。
その間に天気は少し回復して、ちらっと青空も見えました。

ただ期待していたパリ市内の眺望は、イマイチ。
エッフェル塔に行こうと考えていた予定は、最終日に順延することにしました。

白亜のサクレクール寺院
【白亜のサクレクール寺院】

代わりに、動いている近郊鉄道(RER)のB線で、パリの中心部へ。
セーヌ川に浮かぶシテ島、ノートルダム寺院にやって来ました。

昨年4月に燃えてしまったニュースは、子供たちも知っています。
すでに修復工事が始められていて、
火事の現場や、復旧に向けた作業の様子が、大きな展示パネルで説明されていました。

修復が始まっているノートルダム寺院
【修復が始まっているノートルダム寺院】

続いてサント・シャペル教会へ行こうと思ったのですが、
時間の都合もあり、隣接した監獄コンシェルジュリーへ。

もともと宮殿として使われていた建物が、フランス革命時に牢獄として転用されたもの。
あのマリー・アントワネットも収監されていたことで知られています。

監獄コンシェルジュリー
【監獄コンシェルジュリー】

夕暮れ時、セーヌ川を眺めつつ、ホテルへの戻りは地下鉄で。
ストライキ中、平日は朝(06:30~09:30)と夕(16:30~19:30)のラッシュ時のみ、地下鉄が動いているのです。

といっても通常の2分の1~4分の1くらいに減便されているので、激しい混雑…
東京のラッシュになれていれば何とかなる、くらいのレベルですが、スリには注意。
身長の低い次女は、大きな現地の乗客たちに挟まれ、押しつぶされそうになっていました (T_T)

セーヌ川の夕景
【セーヌ川の夕景】

旅行日数が長くなると、必要になるのが途中での洗濯。
今回はパリ到着のこの日に、ホテル近くのコインランドリーを探すことに。
ネットですぐに見つかりました。

パリのコインランドリー
【パリのコインランドリー】

そして夕食は、エスカルゴ!
フランス料理と言ったら、やっぱりこれでしょう。

でも、子供たちは食べたがりませんでした。
パスタや肉料理のほうがお好みのようです。

フランス料理といえば、やっぱりエスカルゴ
【フランス料理といえば、やっぱりエスカルゴ】

懸念していたストライキの影響は、ないといったら大嘘になるけど、
観光ができないほどではなく、今日訪れたところは、どこもかしこも旅行者で賑わっていた。
ヨーロッパの人はみな、ストライキに慣れっこなのでしょう。

明日のスト情報をネットで確認して、さあ、どうやってベルサイユまで行こうかな。

▼英語ホームステイ/語学留学プラン 詳しくはこちら▼

▼本を出しました/子連れ旅行の魅力とノウハウが詰まった1冊です▼
本バナー


3日目 立体迷路の城砦都市ルクセンブルグ <<

>> 5日目 ベルサイユとルーブルで芸術鑑賞!



たびえもん

旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です

TEL:03-6914-8575
10時~17時半(日祝休)
https://tabiiku.org/

たびえもんロゴ

お問い合わせや旅行のご相談は、(株)たびえもんのサイトにて受付いたします。

海外旅行で子供は育つ!

↓本を出しました↓

★全国の書店で、発売中★