「地球の歩き方」直営の
こだわりの旅行用品専門店
アナタだけの自転車工房
「サイクルウェブスタジオ」
国内・海外の厳選旅行20を
毎週お届け![Travelzoo]
   
表紙へ戻る
第十一章 東アジア

 大韓民国
(Republic of Korea)
人口 4819万人 面積 9万9274km2
首都 ソウル 宗教 仏教(大乗)、儒教、キリスト教
言語 韓国語 通貨 ウォン
旅行期間 2003年9月9日〜2003年9月19日(11日間)
訪問経路 (中国)〜仁川→ソウル→扶余→釜山〜(日本)

ソウルヘ 遂に来たユーラシア東端  韓国上陸

一晩の航海で仁川に到着。
僕にとっては三度目の韓国である。
折しも船内でソウル在住の日本人に会い、
その方の下宿先に泊めてもらうことに。
旧暦八月十五日は中秋の名月。
韓国は(秋夕)チュソクと呼ばれる
旧盆のお休みの真っ最中、
中心市街地はがらんと空虚だった。
しかし見覚えのある街角に立つと、
半分帰ってきたような錯覚をおこした。
ソウルを発ち、
訪れたことのない韓国西部を目指す。
パキスタンから中国へ入ったときも、
高層ビルや人々の服装などを見て、
中国はずいぶん先進国だと思ったが、
韓国はやっぱりずっと進んでいた。
道路舗装が圧倒的にきれいで、
車の排ガスも真っ黒じゃない。

海印寺 古都街道南下
  百済旧都を訪ね倭国を目指す


城塞都市の水原を訪れ、
百済王の陵墓が残る公州。
古代日本と非常に関係の深かった、
朝鮮半島南西部の百済王朝、
滅ぼされた都の置かれた扶余へ。
白村江のほとりの小さな町、
ほとんど史跡が残されていない悲哀。
当時の史跡が点在していた。
八万の大蔵経教典が収蔵されている
韓国随一の名刹海印寺を訪れ、
いよいよ釜山港へ。

 日本国
(Japan)
人口 1億2753万人 面積 37万7899km2
首都 東京 宗教 仏教(大乗)、神道
言語 日本語 通貨
旅行期間 2003年9月19日〜2003年11月17日(60日間)
訪問経路 (韓国)〜対馬〜福岡〜石垣〜那覇〜鹿児島→北九州→広島→松江→京都→名古屋→東京

対馬比田勝 夢に見た故国の地
  耳に聴こえるお国の言葉


最後の旅、日本。
大陸との長い交流史の中で、
重要な役割を果たしてきた
対馬にまず第一歩を記した。
港で聞こえてくる話声。
日本語。
脳に言葉が染み込んでくる違和感。
曲がりくねった国道を走る。
曇り空、湿気をたっぷり含んだ空気、
緑の木々から匂う芳醇な水の香りに、
日本を感じた。

首里城 最後の旅路は日本探訪
  独自文化育む沖縄から


鹿児島から船で沖縄へ。
日本の中の外国といわれる沖縄から、
日本の旅を始めようと決めていた。
まずは石垣島、
そして竹富島、西表島へ。
海の広さと透明度の高さ。
沖縄本島では那覇を拠点に、
首里城と、南部の戦跡を巡った。
帰国してまだ一週間、二週間。
日本語が通じてしまうことに
まだ不思議な感覚があった。

厳島神社 九州から山陽そして山陰へ
  八百万の神々に旅の御礼報告


鹿児島から宮崎、大分へ。
西都原の古墳群や
宇佐神宮を訪れて、
古き時代の日本に思いを馳せた。
関門海峡を越えて本州へ。
そして広島。
世界で最も有名なヒロシマ。
異国を走りながら、
最も深く考えたのは
自分の生まれた日本のことだった。
ついに帰ってきた。

兵庫県香住町 長き一本の道は一つの輪となる
  四万キロ 地球一周達成


5000km 2001年8月5日
 メキシコ/トゥーラ手前
10000km 2001年11月11日
 トルコ/イスタンブール手前
15000km 2002年4月10日
 ジンバブエ/ビクトリアフォールズ先
20000km 2002年8月10日
 イラン/マクー〜マルカンラル間
25000km 2002年10月19日
 パキスタン−インド/ワガ国境
30000km 2003年5月2日
 パキスタン/シンキアリ先
35000km 2003年8月5日
 中国/天祝手前
そして……
40000km 2003年10月20日
 日本/兵庫県香住町

銀閣寺 シルクロード終点 京の都
  東洋文明の極地


二年以上に及ぶこの長い旅で、
様々な国の様々な文化に出会った。
アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、
そして旅の後半はアジア。
キリスト教世界、イスラム教世界、
そしてヒンドゥ教世界を抜けて、
日本を目指す旅だった。
神道と仏教が融合した固有の宗教観。
中国や韓国の影響を受けつつ、
独自に進化を遂げた歴史と文化。
最後に日本を見たかった。

東京 そして旅は終わった
  2003年11月17日




906日間。
40856キロメートル。
∞の経験値。



  



……しかし人生はまだ続く。


先頭へ戻る
 
地球一周達成