表紙へ戻る

九年前の卒業旅行で、僕は冬の欧州を訪れた。
一ヶ月の鉄道旅行であり、前半に東欧を、後半に西欧を訪れた。
その当時、東欧の多くの国は、日本人にはビザが必要だった。

社会人時代の長期休暇で、僕は再び欧州を訪れた。
自転車に跨がって、 ポルトガルとスペイン(およびモロッコ)を走った。

世界一周の途中で欧州を訪れた僕は、
イタリアとギリシアとブルガリアを走り、トルコへ抜けた。

自分でも驚くのだが、今回が四度目のヨーロッパ。
学生時代にはビザ代の壁に阻まれ、その後も縁がなかった二国。
チェコとポーランドを、ついに訪れた。

 ロシア連邦
(Russian Federation)
人口 1億4350万人 面積 1707万km2
首都 モスクワ 宗教 キリスト教(ロシア正教)ほか
言語 ロシア語 通貨 ルーブル
旅行期間 2006年5月3日/9日(途中降機)
訪問経路 (日本)〜モスクワ〜(チェコ)/(ポーランド)〜モスクワ〜(日本)

シェレメチボ空港 5月3日
アエロフロート航空 モスクワ経由


昨年同時期の南米横断旅から
丸一年ぶりの海外渡航。
イエメンや中央アジアなど
行先はいろいろ迷ったのだが、
最終的にはチェコ・ポーランドに決定。
モスクワ経由のアエロフロート航空、
九年前に卒業旅行で利用して以来、
当然雰囲気がぐっと変わっているだろうと
期待していたのだが、
乗り継ぎ手続の要領の悪さから、
空港内の照明の暗さまで、
何も進歩しておらずに唖然とした。

 チェコ共和国
(Czech Republic)
人口 1025万人 面積 7.9万km2
首都 プラハ 宗教 キリスト教(カトリック)ほか
言語 チェコ語 通貨 コルナ
旅行期間 2006年5月3日〜2006年5月5日(3日間)
訪問経路 (ロシア)〜プラハ/カルルシュテイン〜(ポーランド)

プラハ地下鉄
チェコ入国 バスと地下鉄で市街へ


一転して明るい雰囲気のプラハの空港。
夏時間のお陰で日が長く、
午後七時過ぎの到着でもまだ日没前、
緑の平原を眺めながら、
バスと地下鉄を乗り継いで市街地を目指す。
地下鉄の券売機はお札が使えず、
窓口で尋ねても両替はしてもらえず、
わざわざ外の売店でお願いするほかなく、
このあたりの不親切さと手際の悪さに、
苛立ちつつも、なんだか、
旅が始まったのだなという実感を持つ。


プラハ旧市街広場 5月4日
旧市街広場で 早速ビールを一杯


中世ボヘミア王国の首都として大いに栄え、
その古き街並が、
ヨーロッパで最も良く
保存されているといわれる町、プラハ。
旅行者人気も高い町でもあり、
ビールが世界一旨い町としても知られている。
天文時計が残る旧市庁舎や、
幾多の歴史ある教会や、
宗教改革の英雄フスの銅像に囲まれた
旧市街の中心広場で、
まずは最初の一杯を味わう。



ヴルダヴァ川とプラハ城
カレル橋と プラハ城の眺め

旧市街の路地を抜けていくと、
やがて視界に広がるのはヴルダヴァ川。
六百年の歴史を持つ石橋カレル橋と、
川向こうの丘に悠然と建つプラハ城。
この街が、ヨーロッパで最も美しいと
謳われるその意味が理解できたように思う。
車の乗り入れが禁止されたカレル橋。
神聖ローマ皇帝にも選出された
チェコで最も尊敬されるカレル四世が築いた。
似顔絵書きや、楽器演奏者、
土産物売りが集まり、人通りが絶えない。
思った以上に東洋人の観光客も多かった。




プラハ城、黄金小路
プラハ城内 中世の小路を往く


カレル橋を渡り終えると、
プラハ城の丘に向かって長い上り坂。
昨日の飛行機の冷房で風邪を引いたようで、
どうにも喉が痛いが、頑張って登る。
現在は大統領府とされているプラハ城、
正午には衛兵交替の儀式が行われ、
そのあとは新兵の入隊式(?)なのか、
軍服姿の若い兵士たちが大集合していた。
ゴシック様式の巨大なヴィート大聖堂や、
ロマネスク様式の聖イジー教会、
そして黄金小路と呼ばれる狭い路地、
場内にも見所は多い。
とりわけ高さ九十六メートルの尖塔から
プラハ市街の眺めは抜群。
眼下にヴルダヴァ川が蛇行し、
赤茶けた屋根の古い町並みが延々と続く。
悔しいほどの景観だった。





プラハ郊外カルルシュテイン城 5月5日
近郊電車に揺られ プラハ郊外へ


首都だけでは物足りない。
田舎の町もちょっとは見たい。
そう考えて電車に乗って、
小一時間のカルルシュテインへ。
タンポポの野原が広がるのどかな町に、
歴代の王の別荘であり、
また財宝を保管する要塞でもあった
武骨な外観のカルルシュテイン城が建つ。
こんな小さな町の両替所でも、
千円札が両替できることに驚いた。
九年前の東欧では、
米ドルか独マルクのみだったと思う。




プラハ新市街
プラハ新市街を ぶらりと歩く


午後は再びプラハに戻り、
国立博物館やムハ美術館を巡る。
そして新市街をぶらぶらと散策するが、
参ったのは予想以上の物価の高さ。
一昨年にEU加盟を果たしたチェコ、
通貨はまだ独自のコルナであるが、
ユーロ高に引きづられているのか。
食事の値段も、
街角で売られているジュースの値段も、
観光料金もみな高い。
西欧はもっと高いのだろうか。
日本のほうが安いぞと、ひもじく思う。


夜行列車
チェコからポーランドへ 夜行寝台列車で


プラハからポーランド南部のクラクフへ。
国境越えは夜行寝台列車の旅。
相席はチェコ人とポーランド人の年輩夫婦。
ベトナム人かと問われて苦笑い。
久々に言われたなあと思う。
深夜に国境駅で停車、旅券の確認を受ける。
と、隣のコンパートメントが騒がしい。
車掌と乗客の英語の声を聞いてみると、
どうやらパスポートの不所持で
ポーランドに入国できず追い返されるらしい。
不運な旅行者はイギリス人のおばさん、
EU圏内はパスポート不要と抗議も実らず。


先頭へ戻る
 
次へ進む