表紙へ戻る

3泊したシェムリアップを離れ、東南アジアの中心都市バンコクへ。
ところでこの日の朝、ホテルの部屋でテレビのチャンネルをいじっていると、野球の放送が目に飛び込んできた。
マウンドで投げているピッチャーは田中将大、相手はアメリカ、WBCの準決勝が放送されていたのである。
7回表、6対2で日本が勝っている。田中は三塁打を打たれたものの、後続を断った。

トラベルジャーナル紙掲載記事はこちら(PDFファイル)

3月23日
シェムリアップ郊外、最大市場プサー・ルー


 シェムリアップ滞在最終日。午後にはバンコクへ向かう予定で、午前中が自由行動となっている。ツアーにあっては貴重な自由行動、と言いたいところだが、昨日も午後に空いた時間があってオールドマーケットに出向いたりしていたので、どこに行こうか、ふと迷う。遺跡は1日券だったため入れないし、ほかに目ぼしい見どころもない。

 トゥクトゥクに乗って、シェムリアップ市街から東、国道沿いにある最大の市場プサー・ルーを訪れた。オールドマーケットと異なり、観光客はいないから、土産物屋もなければ、客引きに呼び止められることもない。裏手のほうまで歩いていけば、よりいっそう混沌としていて、旅をしていた頃の懐かしさを覚えた。

プサー・ルー市場
【プサー・ルー市場】
子供用自転車も売っていた
【子供用自転車も売っていた】

市場向かいの茶店にて
【市場向かいの茶店にて】
シェムリアップからバンコクへ
【シェムリアップからバンコクへ】

 タイ王国
(Kingdom of Thailand)
人口 6197万人 面積 51.4万km2
首都 バンコク 宗教 仏教(上座部)
言語 タイ語 通貨 バーツ
旅行期間 2009年3月23日〜2009年3月25日(3日間)
訪問経路 (カンボジア)〜バンコク〜(日本)

バンコクの夜、最高級ホテルのディナーショーを観る

 この日は移動日。ツアーとしての決まった予定は夕食のみ。これが、バンコクでも最高級といわれるオリエンタルホテルのレストラン、サラリムナムのディナーショーであった。

 これまでシェムリアップで訪れた昼食および夕食のレストランは、規模や雰囲気は異なれど、いずれも外国人向け、観光客向けのレストランで、私にとっては面白味がなかった。ツアーで行くわけはないので仕方がないのだが、やっぱり地元の人が行くような食堂、市場の屋台などのほうが楽しいと思うからだ。特にカンボジアのように、地元の人と、外国人の経済格差が著しい途上国は、その差が歴然と分かれていたりする。

 しかし、ここで訪れたサラリムナムは良かった。その理由は圧倒的に高級であったということだ。料理も、前菜から順番に、タイ料理のフルコースとして饗された。店内はもちろん、トイレまでも恐ろしくきれいで、アセアンセンターの職員の人をして「寝られるくらい」と言わしめるほどであった。

 ちょっとやそっとお高い程度のレストランであれば、日本でも行く機会はあるし、さしたるありがたみを感じない。しかし、バンコク最高級は、日本にあっても最高級のレベルであり、自分の財布ではおいそれと経験しようとは思わなかっただろう。

 ちなみに、ここでも古典舞踊のディナーショー付きであったが、内容はシェムリアップで見たものに非常に似ていた。タイとカンボジアが文化的に近いということもあるが、カンボジアの内戦時代、カンボジア国内の踊りや音楽の文化がほとんど途絶えてしまい、その後の復興期に、タイから講師を招くなどして影響を受けたことが大きいらしい。

夜のチャオプラヤ川
【夜のチャオプラヤ川】
サラリムナムのディナーショー
【サラリムナムのディナーショー】

先頭へ戻る
 
次へ進む