★ふねしゅーの【旅】を極めるサイト★

タイトルロゴ

ホーム » 旅育~子連れ旅行 » インドネシア旅行 » 第8日 バリ島といえば、やっぱり海を満喫の巻



インドネシア子連れ旅行/第8日 バリ島といえば、やっぱり海を満喫の巻

長男(小6)&長女(小4)&次女(小1)
3年ぶりのアジア、5年ぶりの途上国、7年ぶりのイスラム圏へ


1月5日
昼はマリンアクティビティ、夜はシーフードBBQ


昨日はバリ島の歴史&文化的な見どころを観光。
今日は長男の希望でマリンアクティビティに初挑戦。

雨期なので天気が心配されましたが、朝から暑いくらいの好天になりました。
まずは、パラセーリング。2人乗り&3人乗りで楽しむことができるので、カップルにも、ファミリーにもおすすめです。

パラセーリングに挑戦!
【パラセーリングに挑戦!】

はるか上空から、海と、陸地を一望。あちこちで同じようなアクティビティを楽しむボートやパラシュートも見えて、気分爽快です!

せっかくなので、もう1つ。
バナナボート、シュノーケル、グラスボトムボートなど、色んなアクティビティメニューがある中で、子供たちが選んだのはドーナツチューブ。としまえんのジェットコースターすら怖がるのに、大丈夫?

家族5人でドーナツチューブ
【家族5人でドーナツチューブ】

はじめのうちは手加減されていたのか、ゆっくりでしたが、徐々にボートはスピードアップ&急カーブの連続。身体が浮くわ浮くわ、しっかり掴まっていないと、本当に振り落とされそうなスリルでした。

ちなみにアクティビティには年齢制限があります。催行会社やメニューによって異なりますが、今回は7歳の次女がギリギリ可能なところで体験しました。
あとで感想を聞くと、楽しかったけど、でも、やっぱりちょっと怖かったそうです ^^;

ビーチのSNSスポット
【ビーチのSNSスポット】

ここにもやっぱりありました。SNS映えスポット!

昼はいったんホテルに戻って、のんびり。どうしても観光予定を詰め込みたくなってしまいますが、どこかでこういう時間は必要ですね。

といっても、子供たちは、ホテルのプールを大いに気に入って、少しでも時間があれば、遊び続けていました。

ホテルのプールにて
【ホテルのプールにて】

しばしプールで遊んで、午後はジェンガラケラミックへ。
バリ名産の陶器のお店。事前にガイドブックを見て、長女が行きたいと希望したところです。

割れ物を買うのはちょっと… と思ったのだけど、長女の意志は固く、予定通りのショッピング。嬉しそうに選んでいました。

ジェンガラケラミック
【ジェンガラケラミック】

夕方からはビーチへ。
ジンバランは、かつてはのどかな漁村だったそうですが、近年は新鮮なシーフードバーベキューが楽しめるイカンバカールが人気です。

日が沈むまでは、まだ暑い!

ジンバランのビーチ
【ジンバランのビーチ】

ビーチは多国籍な雰囲気ですが、中国系の団体客が多かったようです。ウェディング衣装を着て、撮影しているカップルの姿も見られました。

ひとしきり海辺で砂遊びをした後、あたりが暗くなってきたところで、待望のシーフード。

イカンバカールのシーフード
【イカンバカールのシーフード】

インドネシア料理は、時々想定以上に辛くて食べられないこともあるけど、おおむね美味しくて子供たちにも好評。長男はサーモン、長女はエビが美味しかったようです。全体の量が分からなかったので少し控えめに注文し、まだ食べられそうとなった段階で、気になっていたマヒマヒという白身魚を追加!

子供たちが大きくなってくると、食費は増えますが、一方で色んな種類の食事にトライできるのが、嬉しいところです。

夕暮れの海を望みながらディナー
【夕暮れの海を望みながらディナー】

明日の夜の飛行機で発つので、これがインドネシア最後のディナーでした。
夕陽と星空を見ながらのビールはたまりません!

▼英語ホームステイ/語学留学プラン 詳しくはこちら▼

▼本を出しました/子連れ旅行の魅力とノウハウが詰まった1冊です▼
本バナー


7日目 寺院に遺跡に街歩き、ヒンドゥ文化を学ぶ <<

>> 9日目 これも南国体験! 象さんに乗りに動物園へ



たびえもん

旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です

TEL:03-6914-8575
10時~17時半(日祝休)
http://tabiiku.org/

たびえもんロゴ

海外旅行で子供は育つ!

↓本を出しました↓

★全国の書店で、発売中★