★ふねしゅーの【旅】を極めるサイト★

タイトルロゴ

ホーム » 旅育~子連れ旅行 » インドネシア旅行 » 第6日 1時間の時差、船でついに、バリ島上陸



インドネシア子連れ旅行/第6日 1時間の時差、船でついに、バリ島上陸

長男(小6)&長女(小4)&次女(小1)
3年ぶりのアジア、5年ぶりの途上国、7年ぶりのイスラム圏へ


1月3日
イスラム圏のジャワ島から、独自のヒンドゥ文化を有するバリ島へ


インドネシア旅行も、いよいよ後半戦。
バニュワンギの宿で迎えた朝、とても緑が豊かなところです。

バニュワンギの宿
【バニュワンギの宿】

子供たちはマンカラというゲームに熱中。

僕はルールをよく知らないのですが、保育園にもあったそうで、年齢の一番低い次女が強く、兄姉から「チャンピオン」と呼ばれていました。

マンカラをする兄妹
【マンカラをする兄妹】

そして出発。今日はジャワ島からバリ島への移動日です。
宿で手配してもらった車で、バニュワンギのクタパン港へ。

ここからフェリーが頻繁に運航しており、バリ島までは小1時間の距離です。

ジャワ島側、クタパン港
【ジャワ島側、クタパン港】

船内はこんな感じ。
ジョグジャカルタから乗り継いだ列車は、きれいで快適でしたが、船はたばこの煙が立ち込めて、、ちょっとどんよりした雰囲気でした。

気を付けたいのは時差が1時間あること。ジャワ島が午前10時なら、バリ島は午前11時。1時間損した気分になります ^^;

同じインドネシア国内で時差があるというのは案外盲点なので、ジャカルタやジョグジャカルタと、バリ島の間を周遊する人は注意してください。

フェリーの船内
【フェリーの船内】

バリ島側のギリマヌック港に着くと、あらかじめ手配していたドライバーさんが待っていてくれていました。バスに乗っていく方法もあったのですが、5人家族であることもふまえ、時間的な効率を優先です。

ちなみにこのドライバーさん、バニュワンギの宿で撮った僕たち家族の写真を、手持ちのスマホで見せてくれました。宿のオーナーから転送されていたものです。こんなところも時代の流れを感じますね。

バリ島到着、ギリマヌック港にて
【バリ島到着、ギリマヌック港にて】

ジャワ島に比べると、ずっと小さなバリ島ですが、それでもバリ島の西端から、観光客の多い南部のリゾートエリアまでは、昼食の休憩時間を含めて5時間くらい…

インドネシアの広さを感じる道のりでした。

バリ島中心エリアへ向かう道
【バリ島中心エリアへ向かう道】

到着したホテル。賑やかなクタ地区から、空港をはさんで南側のジンバラン地区、ちょっとリッチにプール付きのヴィラです。

今回の旅、ジョグジャカルタとバニュワンギは安宿、プロボリンゴは中級、そしてバリ島は中の上くらいのホテルを選びました。メリハリを付けたつもりでいましたが、子供たち早速大喜び。荷物を片付けるのもそっちのけで、水着に着替えて、飛び込んでいました ^^

プール付きのヴィラ
【プール付きのヴィラ】

そして夜。妻は一度体験してみたかったと、送迎車に揺られて高級スパへ。

残された父と子供3人は…

ヴィラのリビングスペースにて
【ヴィラのリビングスペースにて】

ジャワ島では食べられなかった豚肉のお店を見つけて夕食。
そして、宿に戻って、乾杯!

▼英語ホームステイ/語学留学プラン 詳しくはこちら▼

▼本を出しました/子連れ旅行の魅力とノウハウが詰まった1冊です▼
本バナー


5日目 最東端の町バニュワンギに到着なのだ <<

>> 7日目 寺院に遺跡に街歩き、ヒンドゥ文化を学ぶ



たびえもん

旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です

TEL:03-6914-8575
10時~17時半(日祝休)
http://tabiiku.org/

たびえもんロゴ

海外旅行で子供は育つ!

↓本を出しました↓

★全国の書店で、発売中★