★ふねしゅーの【旅】を極めるサイト★

タイトルロゴ

ホーム » 旅育~子連れ旅行 » インドネシア旅行 » 第4日 8時間の列車旅、ジャワ島を横断だ



インドネシア子連れ旅行/第4日 8時間の列車旅、ジャワ島を横断だ

長男(小6)&長女(小4)&次女(小1)
3年ぶりのアジア、5年ぶりの途上国、7年ぶりのイスラム圏へ


1月1日
ジョグジャカルタから、スラバヤを越えてプロボリンゴへ


今回の旅、世界遺産の史跡巡りに続いて、次なるテーマは陸路移動でローカルなインドネシアを体験すること。ということで元日ですが、移動日です。

ジョグジャカルタのトゥグ駅
【ジョグジャカルタのトゥグ駅】

ジョグジャカルタのトゥグ駅。

昨日おとといのガイドさんいわく、数年前に再整備されたとのこと。それまでは物売りなどが自由に入ってきて、ゴミも散乱し汚かったそうですが、今は駅周辺が柵で囲われて、わりときれいです。

駅の入り口でチケットチェックがあり、パスポートの提示も求められます。関係ない人は入場できないようになっているのですね。

トゥグ駅のホーム
【トゥグ駅のホーム】

でも、駅構内はやっぱりたくさんの人、人、人。乗る予定の列車は、最初3番線と聞いたのですが、直前になって2番線に変更。みなバタバタと移動していました。

そして乗車。車内はこんな感じ。

インドネシアの特急列車
【インドネシアの特急列車】

奮発して(?)、一番高いエグゼクティブ車両に乗りました。車内はエアコンが効き快適、荷物スペースもあります。アジアの旅は、年ごとに大きく変わっていきますね!

荷物スペースもあり
【荷物スペースもあり】

ジャワ島中部のジョグジャカルタから、古都ソロ(スラカルタ)や、第2の都市スラバヤを通過し、ジャワ島東部の地方都市プロボリンゴまで、およそ8時間の列車旅。

車内はほぼ満席です。乗客は大半がインドネシア人の国内旅行者。わずかですが西洋人バックパッカーもいました。

食堂車/売店もあり
【食堂車/売店もあり】

食堂車や車内販売もありました。

ただ、ナシゴレン弁当は辛すぎて、子供たちはギブアップ! カップ麺のミーバッソのほうが無難です… ^^;

車内で弁当を食べる
【車内で弁当を食べる】

大都市スラバヤを過ぎると、乗客が減ります。

20分ほど遅れていた列車は、スラバヤの停車時間を切り上げて、ほぼ定刻通りのスケジュール。しかし町が途切れ始め、熱帯ジャングルのような景色。夕暮れになって暗くなり、ちょっと不安顔の子供たち。

プロボリンゴ駅
【プロボリンゴ駅】

そしてガイドブックに載っておらず、どんな所なのかほとんど情報の無いプロボリンゴの町に到着。雨も降りだしました。

果たして、泊まるところは…

プロボリンゴのホテル
【プロボリンゴのホテル】

中級ホテルですが、出来たばかりなのか真新しく、きれいなところでした。子供たち、みなほっとしたような笑顔になりました。

▼英語ホームステイ/語学留学プラン 詳しくはこちら▼

▼本を出しました/子連れ旅行の魅力とノウハウが詰まった1冊です▼
本バナー


3日目 世界遺産ボロブドゥール&プランバナン <<

>> 5日目 最東端の町バニュワンギに到着なのだ



たびえもん

旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です

TEL:03-6914-8575
10時~17時半(日祝休)
http://tabiiku.org/

たびえもんロゴ

海外旅行で子供は育つ!

↓本を出しました↓

★全国の書店で、発売中★